四日市・桑名のランニングクラブ

マラソンランナーは体幹を鍛えよう!3月Runfeetバレトンは7日のみ開催


Runfeet WebWriter1号のmikikoです。

今週日曜日、3月3日はひな祭り!!そして東京マラソン2019ですね!

エントリー権を獲得した幸運ランナーの皆さん、頑張ってください♪


毎年タレントさんやテレビ局のアナウンサーがマラソンに挑戦する~みたいな企画がありますよね。

こういう企画って、初フルマラソンという方が多くて、1からトレーニングをしている様子を特集してるんですよね。
その中で『マラソンは体幹が大事だよ』なんて指導を受けいる方も多いです。


ランニングクラブRunfeetではこの体幹を鍛えるトレーニングとして毎月第1・木曜日の月2回、バレトンを開催してます(∩´∀`)∩

興味のある方はぜひ参加してみてくださいね♪

3月のバレトンは7日のみ開催。



マラソンに体幹が必要な理由は?

ここ数年、インナーマッスルいわゆる体幹トレーニングが注目されていますよね。
基礎代謝が上がることから”痩せやすい身体”や”冷え性改善”に効果があったり、姿勢が整うので腰痛の改善にもつながるなど、体幹を鍛えるメリットは沢山!

最近はマラソンにも体幹が必要っていう情報が広まってきて、テレビでも『マラソンは体幹が大事だよ』なんて紹介されることが一般的になってきましたよね。

今回はマラソンに体幹が必要な理由についてまとめてみたいと思います♪


マラソンに体幹が必要な理由はいろいろあるんですが、主に以下のメリットを求めて体幹トレーニングを取り入れるマラソンランナーが多いですよ♪

・ランニングフォームを改善する
・効率的に走るための動きを身につける
・走るために必要な筋肉を強化する
・関節の可動域を広げる
・休息日(走らない日)に出来るトレーニングの1つ

体幹っていうのはコレという説明が難しいのですが、簡単に言うと身体を支える力みたいな意味合いがあります!


走る距離が長いフルマラソンになると、体幹が弱いランナーは段々姿勢が悪くなるんですよね。
例)猫背、腰が落ちる、脚が上がらない、顎が上向きになるetc…


人間、疲れてくると姿勢が悪くなりがちですよね。

その瞬間の自分は”楽に走ってるつもり”なんだけど、身体にとっては実は逆効果で、呼吸がし辛くなったり歩幅が狭くなったり、余計に疲れやすくなっちゃうんですよね。。。
脚が上がらないと、ちょっとした段差や小石に足を取られて危険ですしね!


体幹を鍛えることによって得られる最大のメリットは、疲れても正しい姿勢が維持されやすくなることだと思います。
また体幹トレーニングの相乗効果によって筋力や基礎体力が向上するのでマラソン後半戦でも疲れにくい身体になれるところも重要です♪



では、ここからは体幹トレーニングのやり方のお話です!

ランニングクラブRunfeetではマラソンランナーのための体幹トレーニングとして、バレトンを実践しています。

月に2回なので回数的には少ないのですが、「どんなトレーニングをしたらいいか分からない」という方が体幹トレーニングを始めるきっかけになれば嬉しいです♪



Runfeetのバレトンは桑名駅から歩いて3分の場所にあるstudio Plumで毎月第1・3木曜日に開催しています。3月は第1木曜のみ開催ですm(__)m

【ランニングクラブRunfeetのバレトン概要】
開催日程:毎月第1・3木曜日 AM10:00~11:00(1h)
内容:マラソンランナーに特化した体幹トレーニング
講師:李 栄喜

服装:フィットネスウェアまたは肩や股関節が動がしやすいもの。裸足or滑り止め付き5本指ソックス
持ち物:ドリンク、タオル、着替え(大量の発汗が予想されます)
場所:桑名スイミングスクール第2駐車場内 「studio Plum」男女別トイレ、更衣室あり

※studio Plum外観※

なお、駐車場は ‟第3駐車場”コインパーキングをご利用下さいますようお願い申し上げます。
スタジオまで駐車券をお持ち頂くと、無料でご利用できます\(^o^)/


※第3駐車場入口(奥から第2駐車場へ繋がる扉があります)※

バレトンについては過去の記事でもご紹介しています♪⇒バレトンのメリット,Runfeetの強みは体幹を意識したラントレーニング⁉



マラソン初心者の方、トレーニング期の方、そしてマラソン前の調整期で足を労わりたいわ~という方、お待ちしております♪


では。

mikiko

投稿者プロフィール

mikiko
mikiko
Runfeet WEBライター兼ランニング会員

会員目線からのランニング記事を書いています。ちなみに走力は初級から中級への階段を登っているところ( ̄▽+ ̄*)