四日市・桑名のランニングクラブ

失敗しない!正しいフルマラソンの準備~会場入りからスタート編~



Runfeet WebWriter1号のmikikoです。



真冬の大本命フルマラソンに向けて、ランニングクラブRunfeetが推奨する正しいフルマラソンの準備のお話を、2つの記事に分けて紹介♪

2つ目の今回は「正しいフルマラソンの準備~会場入りからスタート編~」です!

1つ目の記事はこちら⇒正しいフルマラソンの準備~事前準備編~



起床時間と会場入りのタイミング

マラソン当日の起床時間そして会場入りのタイミング、迷いますよね!
これは“絶対このタイミング”というのは無くて、ランナーさんの体質で個人の判断で行っていただくと良いかなと思います。

「それが分かんないんだよぉ~!!」という方のために目安を紹介しますねw



まず会場入りのタイミングですが、基本的には手荷物預かりの締切時刻から逆算して、余裕をもって行動することをお勧めいたします。

上着系を脱いだりスタート前の補給食を摂ったりしていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。
規模の大きな大会では手荷物預かりの場所が分かりにくい場合も多いですから、遅くとも締切時刻の30分~1時間前までには会場入りしておきましょうね!

逆に、会場入りが早ければ早いほど心にも余裕が持てますよ♪

トイレ渋滞が起きても安心です。



続いて起床時間の目安ですが、こちらは会場までの移動時間+寝起きの良し悪し&朝食の内容で判断しましょう!\(^o^)/

朝食は、おにぎりorパンなどの軽いメニューなら食後1時間くらいで胃が落ち着いてきますよ。
けど定食とかバイキングといった“がっつり食べたい”なら、食後3時間くらい経過しないと走るのは難しいと思います。

理由は胃の内容物が残って走れないとか、消化不良で気持ち悪くなることもあるから!



朝食の中身は前日までに確保しつつ、当日の起きた時間に合わせて考えても良いと思いますよ!
早く起きられたらがっつり定食、寝坊してあまり時間が無い場合には軽めにバナナとインスタント味噌汁みたいな。

この場合は最悪食べれなくても腐らない、日持ちする食べ物を用意しておくと安心ですね^^

もっと詳しい食事事情が知りたい方は、ランニングクラブRunfeetの専属アスリートフードマイスター川村千尋さんの記事をご覧ください。
 ⇒Runfeet 食ラン

マラソン前後のお勧めメニューの他、ランナーに必要な栄養素の解説もありますよ(*´▽`*)


スタート前のウォーミングアップは要る?要らない?

マラソンスタート前のウォーミングアップは、フルマラソンの場合は必ずしも要りません!

というのも、フルマラソンのスタート前は体力を温存しておきたいから。
ウォーミングアップを頑張りすぎて体力を消耗するくらいなら、ギリギリまでじっと待機していたほうが良いと思います(; ・`д・´)

しかしRunfeetコーチ陣の意見によれば、身体を温めるために身体を動かすのは非常に効果的だそうです◎

真冬のマラソン大会は極寒なので、整列前からスタートの号砲がなるまでの間に身体が冷えてしまうのを回避しましょう!
肉離れ予防にもなりますよ(*^^)v



マラソン前にウォーミングアップをする場合の内容は、ゆっくりジョギングをしたり動的ストレッチを取り入れるのがおすすめです。

もも上げ、腕振りなど大きな関節を動かすと血流が促進されて体温が上がりやすいそうですよ♪
速いスピードで行うと心拍数が上がるので、効果が倍増するとのこと。

注意としては、整列後の待ち時間で身体が冷えてしまうと、ウォーミングアップの効果も失われてしまいます。
ですから、整列後にも周囲のランナーの迷惑にならない程度に身体を動かすようにしましょう( `ー´)ノ

身体を動かしていたほうが緊張も和らぎ、リラックスして走りだすことが出来ますよ!

そういう意味では、スタート前に動くのは理にかなっていると言えますね☆




以上「失敗しない!正しいフルマラソンの準備~会場入りからスタート編~」でした。

「正しいフルマラソンの準備~事前準備編~」と合わせて、今シーズンラストランもしくは来シーズン以降の心得として読んで頂けたら嬉しいです。

では!



mikiko

投稿者プロフィール

mikiko
mikiko
Runfeet WEBライター兼ランニング会員

会員目線からのランニング記事を書いています。ちなみに走力は初級から中級への階段を登っているところ( ̄▽+ ̄*)