四日市・桑名のランニングクラブ

Runfeet Summer Camp in 御嶽2018~体調・食事

こんにちは。
ランニングクラブRunfeet栄養サポート担当
アスリートフードマイスターの川村千尋です。


今年も行ってきました、Runfeet Summer Camp in 御嶽2018。去年の1泊2日から今年はなんと2泊3日に予定も延長されて、がっつり大人の合宿を満喫して参りました。
今回のお話は、合宿でのトレーニングの様子や食事のことについてご報告致します。




スタッフ兼ランナーとして参加させて頂いた初日は、体を準高地にならすための120分のLSDから始まりました。お昼ご飯は、12時前にコンビニのおにぎり🍙を2個食べてしっかりエネルギー補給。草餅も…と思ってたのですが、何故だかお腹いっぱい。これも、準高地と言う環境のせいなのでしょうか…?
LSDは何とかエネルギー切れを起こす事なく無事に終える事が出来ました。


夜は交流会BBQ。明日の活動の為の疲労回復とエネルギー補給


夜はみなさんと楽しくBBQ。鶏肉、豚肉、牛肉、海鮮、野菜に、おにぎりと種類も豊富に合宿所が用意してくださいます。
交流会ですので、勿論お酒も出ます❗昼間のLSDの後の一杯🍻ですから、美味しいに決まってます。でも、ここで頭をよぎるのは明日のクロスカントリー。
LSDの疲れを取らなきゃいけないし、明日のクロカンをこなすためには、お酒を我慢した方が良いに決まってる❗でも、飲みたい‼飲みたい‼
飲みましたけどね、ビール1缶だけ笑笑。
ランナーとお酒の関係については以前書いたこちらをご覧ください↓

ランナーとお酒の関係





2日目の朝は、ウォーキングまたは軽いジョグ&、
本練習午前に400×10~15本、午後はクロスカントリー


7時より朝食でした。実は…会員の皆さんがちゃんと朝食を食べたか、チラ見してました。( ̄▽ ̄)
準高地という環境の変化や、いつもと違う日常の小さなストレスが胃腸の不調や食欲に影響された方もいらっしゃいました。
けれども、午後の長いクロカンを走りきる為にはしっかり朝食、昼食を食べて炭水化物等でエネルギーを補給しておかなければ走り切ることが出来ません。
食べられたなかったか?食べたかによって、午後のクロカンに影響された方も多かったかと思います。



会員さんの中には「自分はエネルギー切れしやすい」と弱点を理解され、走る前のエネルギーゼリーの補給、走行中のバナナでの補給を成功させ、クロカン30㎞を走りきる事が出来た方もいらっしゃいました。凄い!


弱点をわかっているなら、それに対応することによって強みに変える事が出来ます。マラソン大会の走行中に何を何㎞地点で補給するのかは、その人のレベルは勿論、前後の食事で変わってきますし、毎回同じタイミングでの補給とも限りません。補給のタイミングはご自身の体の変化に敏感になり自分で感じる感覚を覚えておくしかありません。
「あっ!体が変化したぞ」という感覚、これから秋のトレーニングの距離走等で感じる事が出来ると良いですね。


私自身は目標であったクロスカントリー26㎞を無事に走りきる事が出来ました。次回は、クロスカントリーの様子や準高地だからなのか?体の変化や使用した補給ゼリーをご紹介します‼




日和田高原が涼しすぎて、下界の暑さに夏バテをしそうです💦体も自分が思っている以上に重い!まだまだ、休養が必要です。皆さんもお気をつけ下さいませ。


本日もご一読ありがとうございました。

合宿の裏話はこちらから↓

始まりはコンビニ置き去り未遂事件から~大人の合宿Vol.1~

投稿者プロフィール

川村千尋
川村千尋
【栄養担当 アスリートフードマイスター】
RUN食セミナー・個人アドバイス等を行いランナーの栄養面をサポート

◆自己ベスト
フルマラソン:3:40:59(神戸マラソン2017)