四日市・桑名のランニングクラブ

自己ベストを目指すランナーの補給ゼリー対策

こんにちは。
ランニングクラブRunfeet栄養サポート担当
アスリートフードマイスターの川村千尋です。




暖冬と言われてる今冬も、今週から(1月23日現在)から、一気に寒くなってくるとか…。それでも、例年より暖かいと言われており、でも、やっぱり寒いと感じる事に人間の順応性の不思議を感じてます😅
みなさん、体調はいかがですか?


この時期は本命レースまでまだ期間があるため実感がわきません。ただし、自己ベストを目指すランナーはこの時期だからこそ準備して欲しい対策があります。



マラソン大会1ヶ月前からの対策
自分だけの補給ゼリーの確立






ランニングクラブRunfeetの皆様に毎回お伝えしていることそれは?
●距離走等のトレーニングで実際に補給ゼリーを試してみましょう❗
●何をどの地点で補給するのか?実感しましょう。
●走行中の自分のコンディションに敏感になりましょう❗
何キロ地点で体調が変わるのか?疲労はどこにやって来るのか?エネルギーの持続はどうか?
●自分に必要な補給ゼリーは筋疲労系?エネルギー補給系??疲労回復系?何のゼリーを補給すべきなのか?
●大会の補給食、給水は何㎞地点で何が出るのか?事前調査をしましょう。



以上の事をご自身で掴めていると補給ゼリー対策が具体的に出来ます。


大会前に補給ゼリーのご相談を受けることがありますが、コースや給食内容、ランナーのコンディションを考慮して決定してます。これまでに
「この上り坂手前で一度体を回復させましょう❗」
「この地点でこのゼリーは要らない❗」
「一度体を回復させてからエネルギー持続型のゼリーをいれましょう❗」

など一緒に作戦会議を開き自己ベストを出されたランナーも多数います。自己ベストを出したランナーの共通点は
ご自身のコンディションを自分がよくわかっていると言う事です。
補給ゼリーは、ランナーのタイプによって個人差があり補給タイミングもランナー毎に違います。
●あのランナーがオススメの補給ゼリーが自分に合うとは限りません。
●値段が高いゼリーが効果を発揮すると思い込んでいませんか?
●口に合わないゼリーを毎回我慢して補給してませんか?
●脚つり対策をしてますか?



本命レースまでまだまだあると思っていませんか?
名古屋ウイメンズマラソンまでは50日を切りました。
備えあれば憂いなし!
日々のトレーニングで
自分だけの勝負ゼリーを確立してみましょう。


補給ゼリー、補給タイミングのご相談はいつでもたまわります。
一緒に目標を達成しましょう!
本日もご一読ありがとうございました。

投稿者プロフィール

川村千尋
川村千尋
【栄養担当 アスリートフードマイスター】
RUN食セミナー・個人アドバイス等を行いランナーの栄養面をサポート

◆自己ベスト
フルマラソン:3:40:59(神戸マラソン2017)