四日市・桑名のランニングクラブ

自分の限界を超えたランナーこそ疲労回復に努めよう!~VOL.1~

こんにちは。
ランニングクラブRun feet栄養サポート担当
アスリートフードマイスターの川村千尋です。




ランニングクラブRunfeetの会員さん達は、毎週のようにどなたかがマラソン大会に参加されているので、各マラソン大会の評判を伺うことが出来て、こちらも参加した気分にさせてくれます🎵
次は何処の大会に出るか?とても参考になるので大会の皆さんの様子を楽しみに聞いています。



マラソン大会後の体調は?






皆さんの大会終了後の体調はいかがですか?マラソン大会が終わって体調がイマイチな方もちらほらいらっしゃいます。
●マラソンは全治10日って本当ですね。大会が終わって風邪をひいてしまい、完治するのに10日かかりました。
●大会が終わって4日後に胃腸の調子が悪くなった

等の声を聞きました。
という私も大雨の中完走した金沢マラソン大会終了後3日目に、どーんと疲労感で体が重くなり、なかなか回復しませんでした。大会翌日は筋肉痛以外体は元気だったので、3日後に突然やってきた体のだるさにびっくりしました。疲れは忘れたころにやってくるときもあるんですね。皆さんもお気を付けください。



自分の限界を超えたランナーこそ体調に注意!

●秋の大会で数本のレースを走った!
●走る度に自己ベストが出た!
●悪天候の中のレースだった

こちらの条件の中でも自己ベストを更新し今までの自分の記録を超えたランナーこそ、体調には十分気をつけて下さい。


筋肉痛等の表面的な疲労はアイシングやマッサージ、休養等によって少しずつ回復していきますが、体の中から(特に胃腸)の疲労は、レース後の処置を怠ると長引く可能性があります。人によっては、回復するのに1ヵ月以上、さらに症状が重い人ですと1年かかる人もいます。
胃腸の不調→食べられない(栄養が摂れない)→回復が遅れるという負のスパイラルにはまらないように、ゆっくり慌てず回復させるのもトレーニングの一環です。


そして、こんなときこそ疲労回復の為の食事方法の改善が必要となります。
では、一体何を食べて回復させるのか?
は、また次のお話で。


本日もご一読ありがとうございました。

投稿者プロフィール

川村千尋
川村千尋
【栄養担当 アスリートフードマイスター】
RUN食セミナー・個人アドバイス等を行いランナーの栄養面をサポート

◆自己ベスト
フルマラソン:3:40:59(神戸マラソン2017)