四日市・桑名のランニングクラブ

当日のコンディションに影響する?マラソン大会前に避けたい食べ物

こんにちは。
ランニングクラブRunfeet栄養サポート担当
アスリートフードマイスターの川村千尋です。




マラソン大会前は、ご自身の体調は気になりますよね。当日何を食べていいのか?避けたい食べ物は?
食べ物1つでコンディションが変わる場合もありますので注意が必要です。



マラソン大会前避けるべき食べ物その1 食物繊維






消化不良やお腹の張りの原因となります。
特に、ゴボウやさつまいも等の根菜類は避けましょう



マラソン大会前に避けたい食べ物その2 脂肪分






揚げ物や脂肪分の多いケーキ、スナック菓子🍰
脂肪分の多い食べ物は消化に時間がかかり、体内のエネルギーを消化することに使うことになりかねません。エネルギーは出来たら走る方へ使いたいですよね。
また、寝ている間も消化のために胃腸が働くため、人によっては睡眠の妨げとなる場合があります。
日本人は験担ぎに大切な試合の前に「カツ丼(勝つ丼)」なんてよくやりますが、あれって実は体の負担になってます😣



マラソン大会前に避けたい食べ物その3 カフェイン






カフェインを多く含む飲み物緑茶、コーヒー、チョコレート、ココア、紅茶、コーラなど
トイレの回数が多くなる原因となります。
大型都市マラソン大会でのスタート前のトイレ大行列はもはや名物ですね。
補給ゼリーにカフェインインのゼリーを使用する方は、効果を実感するためにはカフェイン抜きをオススメします。カフェインは、体内から排出しやすいのでマラソン大会3日前からカフェインを抑えましょう。
ただし、コーヒーや緑茶を飲むとリラックスできると言う方は、ストレス解消の1つの手段になっていると
思います。カフェインを全てカットしてストレスを溜め込むよりは、
●飲む回数を減らす
●なるべく薄めて飲む

等、自分なりに工夫してストレスを溜め込まない方が良いかなと考えます(あくまでも私個人の意見です)



マラソン大会前に避けたい食べ物その4 生もの






貝やお刺身等の生ものは食あたりの原因となる可能性があります。特に今の時期は二枚貝の生牡蠣は避けてください。
普段は大丈夫なお刺身も注意が必要です。ご自身で感じなくても体は知らず知らず大会前の緊張でストレスを感じ敏感になってます。実は私もハーフマラソン大会前日にサーモンのお刺身を食べて(普段は大丈夫)、大会当日の朝にお腹が緩くなった経験者です。



マラソン大会前に避けたい食べ物その5 アルコール






遠征先の美味しいものを囲んで乾杯なんてよく聞く話なのですが…
走るエネルギー源の糖質は肝臓に溜め込む事が出来ます。ただし、アルコールを分解するのも肝臓です。前日までにカーボローディングを行う方は、アルコールと一緒に糖質も排出するためせっかくのカーボローディングが無駄になってしまう可能性があります。
また、二日酔いや脱水、喉の渇きによって大量の水分を摂取したらトイレも近くなります。
ちなみに、フルマラソンを完走した後に一番避けたい物もアルコールですが、それはまた別のお話でお伝えします。




マラソン大会前は、普段の食生活では大丈夫な物でも注意すべきものがあります。
間違った食事で大会当日のコンディションが不調となり、今までのトレーニングが無駄になってしまうのは悔やまれますよね。
お腹の調子は走りに影響し、胃腸を大切にすることは結果に繋がります❗




「胃腸の強いランナーは強い(速い)」


本日もご一読ありがとうございました。

投稿者プロフィール

川村千尋
川村千尋
【栄養担当 アスリートフードマイスター】
RUN食セミナー・個人アドバイス等を行いランナーの栄養面をサポート

◆自己ベスト
フルマラソン:3:40:59(神戸マラソン2017)