四日市・桑名のランニングクラブ

走行中の体の変化を感じよう!

こんにちは。
ランニングクラブRunfeet栄養サポート担当
アスリートフードマイスターの川村千尋です。




10月初旬からマラソン大会に出走される会員さんもいらっしゃいます。いよいよ、マラソンシーズン到来ですね。大会へ向けての準備は万全にしたいところですね。
特に今季初マラソンデビューの方は未知の世界へ入るのですから尚更不安や心配な事も多いはず。
そんなときは、是非ランニングクラブRunfeetのコーチやスタッフに声をかけてください。また、会員さん方は今までに沢山の大会へ出走された大先輩ばかり。
「◯◯のエイドは美味しかったよ❤」、「ここのトイレが空いてたよ」、「駐車場はー」なんて裏事情も詳しいので是非尋ねてみてください。




疑問、不安の1つに補給ゼリー問題があると思いますが、まずは補給ゼリーを決定する前にやって欲しい❗確認して欲しい事がいくつかあります。
それは…走っているときのご自身の体をよく観察し、体調の変化に敏感になることです。



まずは長い距離を走ってみよう!

今までは、長くても15~18㎞位の距離走だったかもしれませんが、9月後半のRunfeetのトレーニングには20~25㎞位の距離走が入ってきます。
まずは長い距離を走って体の変化を感じ取って見てください。
その時の変化に応じて「自分だけの補給ゼリーの決定とタイミング」を知ることが出来ます。
そのためにはいくつか確認して欲しいポイントがあります。



補給ゼリーと補給ゼリーのタイミングを知るポイント

何キロ地点でどんな変化が起きたか?

走行中は
お腹が空いてきた
●力が入らなくなってきた
●脚が重い
●体全体に疲労感がある

等、何らかの体の変化が起こるとおもいます。


例えば、お腹が空いてきた=体のエネルギー(糖)が枯渇し始めてるという事になります。また、最大エネルギーである脂肪を利用して莫大なエネルギーを発する為にも糖は不可欠、枯渇させてはいけません。
補給ゼリー摂取のタイミングは、「お腹がすく前!」。この感覚をご自身で感じ取ってみてください。




また、補給ゼリーの種類も体の変化に合わせて補給する必要があります。BCAAなのか?エネルギー系なのか?リカバリー系なのか?これらを決定づける為にもご自身の体の変化に敏感になって下さいね。


補給ゼリーは、何もしていない時に口にするのと、走りながら補給するのでは味の感じ方も効果も違います。味覚が合う、合わないの好みもあります。せっかく、補給ゼリーを用意しても本番で飲めなかったら意味がないですよね。トレーニングの時点で本番のシミュレーションをしてみましょう。




ご自身の体をご自身で理解することが出来たら「自分だけの補給ゼリー&補給タイミング」の確立です。
どの補給ゼリが一番合うのか?等のご相談承りますのでお声をおかけください。目標達成の栄養戦略を練りましょう❗




私自身も、トレーニング中にいろんな補給ゼリーを試してみようと思います。
効果やタイミング等をまたご報告させて頂きます。


本日もご一読ありがとうございました。

投稿者プロフィール

川村千尋
川村千尋
【栄養担当 アスリートフードマイスター】
RUN食セミナー・個人アドバイス等を行いランナーの栄養面をサポート

◆自己ベスト
フルマラソン:3:40:59(神戸マラソン2017)