四日市・桑名のランニングクラブ

距離走でマラソンレースのリハーサルを!

こんにちは。ランニングクラブRunfeet栄養サポート担当
アスリートフードマイスターの川村千尋です。


会員様のグループLINEには、既に10月の練習内容が届いていると思います‼みなさん、確認されましたか~?


私、ビックリしました😲
ペース走(8~10㎞)⇔距離走(10~20㎞)の繰り返し、時々インターバルって内容でしたねー😱


もちろん、レベル別に距離やタイム設定を考慮してもらえるそうなので、その時の体調を見極めてコーチに判断を委ねてもらいましょう✨初心者の方も安心してください!ちゃんと走力に合わせてトレーニングメニューを組んでくれます。



トレーニング内容はいよいよマラソンレース期に合わせた内容となって来ましたが、せっかく長い距離を走るのなら皆さんにお試し頂きたい事があります。
それは、長い距離を走ったときのご自身の体の変化を観察してみてください。



長距離走時の体の変化に敏感になりましょう!

●エネルギー切れしやすいか?なん㎞地点で感じたか?
●体の疲労度は?
●脚がつりやすい?
●どこに疲労がきた?脚?体全体?
●集中力の継続は?

等々、これらを知ることによって、
ご自身に必要な補給ゼリーの種類を決定づける目安となります。
スポーツ店やドラッグストアに行けば数ある補給ゼリー。クチコミや周りのランナーのアドバイス通りにしたが効果をいまいち感じられなかった経験ってありませんか?それは、もしかしたらご自身が欲しい補給ゼリーではなかったり、補給のタイミングがずれていたのかもしれません。


補給ゼリーを選ぶポイントはまずは自分の体を理解することから❗
補給ゼリーの効果は、ゼリーの種類にもよりますが、60分~90分前後(距離にするとだいたい10㎞前後でしょうか)と言われているので走行中は逆算して補給すれば良いということになりますが、これはあくまで理論上のこと。補給ゼリーの効果が1時間も持たないランナーもいれば、目安時間以上の効果を持続できる方もいらっしゃいます。もちろん、マラソンレース前の前後の食事や体調によっても変わってきます。42.195kmを走る間に使用する数も人それぞれ違ってきます。距離走は、補給ゼリーの決定、補給のタイミングなどを把握するチャンスです。もちろん、補給ゼリーのご相談はいつでもたまわりますので、遠慮なくご相談ください😆
タイプ別、症状別の補給ゼリーをご紹介します。
また、レースで実際に使用する補給ゼリーを試してみるのも良いですね。
「レース当日にこのゼリーを初めて使用する」ことだけは避けたいですねぇ。
次回の距離走は、私も気になるあのゼリーを試してみます✨






ランニングクラブRunfeetの皆さんを普段から見ていて毎回思うことは
「100人ランナーがいたら100通りのアドバイスが必要」だと言うこと。ランナーの体質も人それぞれです。




話がそれましたが🙏、10月の練習内容は、たくさんの距離を走ります。せっかくなので、
●マラソン大会当日と同じ食事で事前にリハーサル
●大会当日と同じ朝食時間
●大会当日の補給ゼリー、水分補給を実際試してみる

等を行って、レース当日の流れをリハーサルしてみるのもおすすめです。




そして、そして、マラソン大会当日をベストコンディションで迎える為の食ランセミナーを開催します。
こちらもご参加お待ちしております。

マラソン前の食事術をマスターせよ!10/14【マラソン快走の為の栄養セミナー】開催






合宿の裏話はこちらから↓

メイン練習、クロスカントリーで獣のう○ちを羨ましく思う




本日もご一読ありがとうございました😌

投稿者プロフィール

川村千尋
川村千尋
【栄養担当 アスリートフードマイスター】
RUN食セミナー・個人アドバイス等を行いランナーの栄養面をサポート

◆自己ベスト
フルマラソン:3:40:59(神戸マラソン2017)