四日市・桑名のランニングクラブ

ショートインターバルの目的と効果

こんにちは!Runfeet水曜クリニック担当の田畑郁恵です。

本日も水曜クリニック、四日市緑地公園競技場にて開催されました。

今日のメニューは『ショートインターバル』

ショートインターバルの中でも最長距離といわれる600Mを5~8本

1本毎のつなぎのジョギングは心拍数が下がりきらないペースで200M

皆さんそれぞれのペースで目標の本数を走ることができました(^^)

今日は、この『ショートインターバル』についてご紹介したいと思います。

ショートインターバルとは

インターバルとは、一定の距離・時間を全速力の70~80パーセントで走る急走期

一定の距離と・時間をジョギングやウォーキングでつなぐ暖走期を繰り返すトレーニングです。

つまり疾走と休息を繰り返していきます。

走る距離は目的や目標によって変わってきます。

インターバルには、大きくショートインターバルとロングインターバルにわかれますが

その中のショートインタバールは100M~600Mの距離があります。

例えば200M×15本・300M×10本・400M×8本など

10本を同じペースでできないようならば、2セットに分ける方法をお勧めします。

400M×5本を2セットというやり方もいいですね。

今日はRunfeetではショートインターバルの中でも最長の600Mに挑戦しました。

それでは、このショートインターバルはどのような効果があるのでしょうか。

ショートインターバルの効果

時間対効果があり、効率的なトレーニングの一つ!!

市民ランナーのみなさんは、限られた時間のなかでトレーニングをしなければならないので

高い効果を短い時間で得るためにはインターバルを取り入れることもひとつの方法です。

その効果は次のようなことがあります。

〇心肺機能の強化(走る速度の変化により、心拍数が変動。一度の拍動で

放出する血液量がふえる。また毛細血管もふえる。それにより心臓・血管が強化される)

〇遅筋に加え速筋も強化(遅筋だけでなく速筋も疲れにくい持久力をもたせる)

〇スピード向上(レース中のペースの修正にも対応していける)

〇ランニング効率の向上(効率のよいフォームを習得できる)

まとめ

このようにショートインターバルは練習効果の高いトレーニングです。

しかしその分、身体にかかる負荷もともないます。

過剰な本数や回数を行わず、自分の走力や体調に適したメニューで行いましょう。

投稿者プロフィール

田畑郁恵
田畑郁恵
◆取得資格
ジョギングインストラクター2級
日本ランニング協会ランニングアドバイザー
◆市民ランナーとしての成績
【自己ベスト】
 2:42:37(東京マラソン)
【主な成績】
 東京マラソン2015 日本人8位
 奈良マラソン   優勝3回
 神戸マラソン   4位
◆競技歴
 松山商業高校 → 現三井住友海上(株)