四日市・桑名のランニングクラブ

スピードを出すことに慣れる ショートインターバル

ランニングクラブRunfeet
水曜クリニック担当の田畑郁恵です!


はや9月突入
そろそろ本当に練習しなきゃやばい〰️
の声がちらほら聞こえてきてますが(^^;


9月第1回目の練習は
Runfeetとして初めて使うこのトラックから
スタートです





トラックの中の人工芝が気持ちいいです
まずはこの柔らかい人工芝の上を
ジョギング+調整運動





そして今日のメイン練習は
(400m+200m)×5セット


〇スピードにしっかりのること
(スピードを出すことに慣れる)
〇400mから200mへのスピードの切り替え
この2つのポイントを意識して
セットごと大事に
走ることができました





ゆっくり走る練習も大切ですが
レースでもう少し速いペースで走りたい場合は
スピードを出すことに慣れる必要があります


その為にまずは短めの距離(100M~600M)で
速いスピード(全力の7割~8割程度)で
走ることをしてみましょう


速いスピードに慣れていない方は
ジョギング後に数本(200M×3本・400M×2本など)





速いスピードに慣れている方は
ショートインターバル(400M×5~10・300M×7~10など)







練習後は食ランセミナー
毎月テーマを変え食事のお勉強をしてます


42、195キロのマラソン前に走る方も
多いハーフマラソン対策のお話でした





ハーフマラソンはマラソンの半分の距離
とはいえ、マラソンよりスピードが必要な為
気を付けたいポイントが変わってきます
今日はそのポイントを教えていただきました




9月になり大会まで時間がない!
と焦せる気持ちが出てくると思いますが
まずは現状把握を行ってください


暑い夏は思うように距離をふめてない方が
多いと思いますが
焦っていきなり距離を増やさず
まず基本のジョギングの回数+時間を
少しずつ増やしていきましょう

投稿者プロフィール

田畑郁恵
田畑郁恵
◆取得資格
ジョギングインストラクター2級
日本ランニング協会ランニングアドバイザー
◆市民ランナーとしての成績
【自己ベスト】
 2:42:37(東京マラソン)
【主な成績】
 東京マラソン2015 日本人8位
 奈良マラソン   優勝3回
 神戸マラソン   4位
◆競技歴
 松山商業高校 → 現三井住友海上(株)